ガッツポーズをとっている男性

効果的な使い方

バイアグラがEDに効果があるということは知っていても、効果的に服用する方法まではなかなか知る機会がありませんよね。
そこで今回は、バイアグラをどのように飲めば効果的な使い方ができるのかをご紹介しましょう。
まず、バイアグラを飲むタイミングは食前と食後、どちらに飲む方が効果があるでしょうか?
一般的な薬だと、食前・食間・食後と、飲むタイミングが決められているはずです。処方箋を出し、薬局で薬を貰うときにも説明してもらえますよね。
正解は食前です。その理由は、空腹の状態でバイアグラを飲むと有効成分が体の中に吸収されやすくなるからです。
逆に、食事をとった後にバイアグラを飲んでも、空腹時よりも吸収率は悪くなってしまいます。最悪、効果自体消えてしまうこともあるので、そのようなことは避けたいですね。
しかし、どうしても食後に飲むことになってしまった場合もあります。
その場合、食事をしてから2時間以上時間をあければ食後でも有効成分をしっかり体に吸収させることができます。
食事内容も、なるべく脂の多い料理やアルコールを避けたほうが効果を発揮します。
バイアグラを使用する人は、満足のいく性行為をしたいからという理由が多いと思いますが、
バイアグラのパワーを最大限に生かすことができるのは、性行為の約30分~1時間前です。
そこから3~5時間の4時間ほど持続し、4時間をすぎると徐々に減少していきます。
飲む時はなるべく水かお茶で飲むようにすれば、きっと効果的に作用してくれるでしょう。